レジャーの季節!車酔いに効くツボや食べ物

せっかくのドライブが楽しくなるように車酔いに良く聞く食べ物やツボ押し

>

もし乗り物酔いになってしまったときに有効な策とは

酔い止めを飲まずに車に乗ってしまったら

それでも酔い止めの薬を飲まないで車に乗ってしまうことは出てくるんですね。
そういった場合にはもし薬を持っていたら車に乗ってからでもよいですからすぐに薬を服用しましょう。
いつも車酔いする人は荷物に常備している場合もありますので、そういった場合には迷わず薬に頼りましょう。
もし最悪薬を持っていなかった場合には、他の方法で症状を和らげたり車酔いを防止するといった方法もあります。
そもそも車酔いとは耳の三半規管のリンパ液が揺れ続いている状態を指し、さらに目に入ってくる情報とずれが生じてしまい具合がとても悪くなるという仕組みになっています。
そういったときには防止する方法としてサングラスをかけると防止できることがあります。
サングラスで目に入ってくる情報を抑えて車酔いが起きにくい状況を作るという方法です。

酔い止めの薬以外で車酔いに効く方法

それでも車酔いになった場合には車酔いを和らげる方法があるので、それらを試してみるのも方法です。
まず、チョコレートやアメは血糖値を上げてくれるので気分の悪さに効果があります。
炭酸水を飲むとアルカリ成分を含んでいるので胃と自律神経を整えてくれるので効果があります。
食べ物以外でも車酔いに効くツボというのがあり、そこに刺激を与えると結構効きます。
内関といって手首の中央から3cmほどのところが一つ、さらに手心といって手のひら中央にあるツボ、もう一つ神門といって小指側の手首横のしわにある少しくぼんだ部分と合谷という親指と人差し指の付け根と、築賓という内くるぶしから10cmほど離れた骨の近く、この五つのツボを痛くない程度に心地よいぐらいの力で刺激してやると車酔いの症状が和らぎます。
このように薬がない場合でも車酔いに対処する方法はありますのでしっかり覚えておきましょう。


TOPへ戻る